連載が終了して20年以上がたっても、続きが気になる漫画、それが「スラムダンク」です。

当時、バスケ部と言っても女子からはまったくモテなかったのに、「スラムダンク」の登場で
一気にメジャースポーツとして広めてくれた

バスケ好きとしては、バスケが広く認知されるようになってとても嬉しかった反面、
「なんちゃってバスケ部」が続々と入部してきて呆れる一面もあった。

スラムダンクをリアルタイムで読んでいた世代にとって、一番の疑問が、

「なぜ、全国大会の途中で急に連載が終了したんだ?」

ということではないでしょうか?

最近、友人とお酒を飲む機会があり、もしあのまま全国大会が続いてたら
どうなっていたのか?という話をしていました。

Sponsored Links
Sponsored Links

準優勝は海南?

僕の友人は、優勝したのは海南大付属だと思う、と言っていたのですが
海南大付属はたしか準優勝でしたよね。

友人にそのことを告げると、どこにもそんな情報はないとキレぎみに
言ってきたので

「あれから10日後」というスラムダンクの続きをみせてあげました。

すると、「あ、俺が間違ってた・・・・・」とかなり小さくなってました 笑

そして、ここからが問題です。

じゃあ、優勝校はどこなのか?

海南大付属が準優勝なら、優勝したのは名朋工業か博多商大付属、
もしくは大栄学院が有力候補ですよね。

個人的には、森重のいる名朋工業だと思うんですよね。

これはやっぱり「日本は森重寛を知る」という一言がコミックに書かれてますよね。
「日本が」というのがポイントで、日本中が森重を知るには優勝してテレビ放送でも
されないかぎり無理ですよね。

まぁ、雑誌で特集されて、「イケメンだから」という理由で有名になるパターンもありますが、
森重のルックスじゃぁ ねぇ?

結局、3時間近く話してても、どこが優勝したのかまったく予想できず、結局は

井上さんがはやく続きを書いてくれれば結果が分かる!

という結論になりました 笑

それにしても、作者の井上さんはなぜ急に連載を終えてしまったのでしょうか?
大人の事情があったのかもしれないけど、当時高校生でバスケ部だった僕は、

「完」の文字をみてどれだけ動揺したことか・・・・・・・

井上さんお願いだからスラムダンクの続きを書いて下さい^^

Sponsored Links
Sponsored Links