クレジットカード

この記事は2分で読めます

クレジットカードって便利ですよね。でも気をつけないといけないのが、紛失したり、うっかり入金を忘れたときの対処法。

今回は、クレジットカードの

・住所変更
・口座変更
・更新(有効期限)
・解約
・紛失
・入金
・引き落とし日(締め日)
・停止
・再発行
・支払日を延滞するとどうなるのか
・限度額
・不正利用された場合の対処法
・セキュリコード

などについて調べてみました。

[adsense]

クレジットカードに登録されている住所を変更する方法

引っ越しをしたらクレジットカードの住所変更が必要になりますよね。いざクレジットカードの住所変更をしようとしても
どうやったらいいのかわからないですよね。

一番確実なのは、カードの裏面に書いてある電話番号に電話すること。

もし、同じ種類のカード、たとえばVisaカードを複数持っている場合は、そのことを伝えたほうがいいでしょう。
発行元が違えば、1本の電話ですべて解決とはいかないので、すべの発行元に連絡しましょう。

その際も、裏面に発行元が記載されているはずなのでわからない場合は裏面をチェックして下さい。
こうして考えるとクレジットカードの裏面は必要な情報がすべてある感じですね。

ただ、最近ではインターネットで簡単に変更できることもあるので、パソコンが使える方は
わざわざ電話しなくても、チャチャっとネットで済ませてしまったほうが早いかもしれません。

クレジットカードの口座変更

クレジットカードの口座変更に関しても、やはり裏面に記載されている電話番号に
電話で問い合わせたほうがいいでしょう。

その場合、銀行名、支店名、預金科目、口座番号が必要になりますので、
前もって準備しておけばスムーズに変更できますよ。

それからもう1つ確認しておいたほうがいいことがあります。
それは、何月分から新口座かでの引き落としが始まるのか、です。クレジットカード会社によって対応は様々ですので、
必ず確認することをオススメします。口座を変更下からと言って、すぐに変更されない場合もありますので。

クレジットカードの更新(有効期限)

クレジットカードの有効期限はクレジットカードの表面に記載されていることがほとんどです。
04/18みたいな感じですね。 これは2018年の4月まで有効ですよ、って意味です。

じゃあ、有効期限が切れたらどうなるのか?

有効期限の切れたクレジットカードは使えなくなります。普通であれば、有効期限が切れる1,2ヶ月前に
新しいクレジットカードが届きますので特に更新手続きなどは必要ありません。

クレジットカードの解約

クレジットカードの解約方法は非常に簡単。またまた裏面の電話番号に電話することになるが、
特に書類を提出することもなければ、難癖をつけて解約してもらえない、なんてこともなく、簡単に解約できます。

ただ、解約したクレジットカードはハサミで切って処分したり、シュレッダーにかけたほうが無難です。
最近のクレジットカードはICチップがついてるものが多く、そのまま捨てたら個人情報を盗まれてしまうかもしれにので。

また、クレジットカードを解約する場合は借りていたお金は一括で返済することになるので、
解約する前にすべての支払いが終わっているのか確認したほうがいいでしょう。

[adsense]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 08.25

    イオンカード