セキュリティコードで得したこと


セキュリティコードで得したことは、安全性が高まることです。

店舗でクレジットカードを利用するときは、サインをして本人確認をします。

しかし、近年利用者が増加しているネット通販では、カード番号さえあればクレジットカードを使うことが可能です。

そのため、流出したカード番号を使って、本人になりすまし買い物をする犯罪が増えています。


ですが、セキュリティコードの入力を求める通販サイトだと、カード番号だけでは本人になりすますことはできません。

カード番号とセキュリティコードの2つを組み合わせることにより、安全にネット通販を利用することができます。

Sponsored Links
Sponsored Links


セキュリティコードで損したこと


セキュリティコードで損したことは、カード番号を入力した後に、セキュリティコードの入力を求められることです。

3桁の数字なので入力の手間はほとんどありませんが、カード番号を入力した後にセキュリティコードの入力も求められるのは、面倒に感じられるときもあるでしょう。

サッと買い物をしたい人には、面倒な手順が増える原因になっています。

ですが、安全性を高められるメリットと比べれば、損したことは大きな問題ではありません。

セキュリティコードは、損したことより得したことの方が大きいです。

Sponsored Links
Sponsored Links